海外旅行に行く前に忘れず準備しておきたいもの

ロゴ

海外旅行の基礎知識

パスポート

パスポート

海外旅行となれば、必ず必要なものがあります。それは、パスポートです。パスポートは海外で自分を証明する身分証明書になります。さらに国を出入国する際やビザの申請、ホテルのチェックインなどに必要なのです。外国で唯一自分を証明することができるのがパスポートになります。そもそも、このパスポートが無ければ、国から出ることができないのです。そのため、海外旅行に行く際にはパスポートを発行してもらう必要があるのです。パスポートは、5年と10年のものがあります。そして、国によっては、ある一定の有効期間が残っていないと入国することができないといったケースがあるため、国を選ぶ際には、パスポートの有効期限を確認しておきましょう。パスポートは、各都道府県のパスポート申請窓口に行くことで発行することができます。申請から受領するまでに1週間ほどかかるので、計画的に申請手続きを行っておきましょう。

航空券

海外に行く場合ほとんどのケースで飛行機を利用します。そのため、航空券を予約する必要となるのです。航空券は、基本的に旅行会社もしくは航空会社で予約することができます。そして、最近ではサービスが向上しておりインターネットを使って簡単に席を予約することができます。しかし、初めて利用する方は予約が難しいといったケースがあるのです。そういった方には航空券がセットとなっているツアーがおすすめなのです。ツアーであれば、航空券を自分で取る必要がないため飛行機の予約の手続きを自分で行なう必要が無くなるのです。ツアーの申し込みもネットでできますが、もし分からない場合は、直接店舗で予約を取ることができます。

クレジットカード

海外ではもちろん通貨が異なるため、現地の通貨に変える必要があります。しかし、持っている現金を使い果たしてしまった場合には、お金を引き出すためにクレジットカードが要ります。さらに、お店によってはクレジットカード決済が可能となっているお店もあるため、一切現地のお金を持つことなく過ごすことも可能なのです。しかし、場所によっては現金でしか無理となっているところもあるので、そのケースに合わせて使っていきましょう。このクレジットカードは数多くの種類があります。その中で海外旅行に適したカードもあるので、そういったものを1つ持っておくことでどこにいてもお金を引き出すことができるのです。クレジットカードによって対応することができる範囲が限られているので、事前に確認しておきましょう。

海外旅行保険

外国を旅行していると、環境の変化で体調を崩してしまったり、怪我をしてしまったりと様々なトラブルに巻き込まれてしまうケースがあります。そういった病気や怪我などのアクシデントに対応してくれるのが、海外旅行保険になります。外国では、日本の健康保険は使うことができないため、日本に比べると威容日や入院費がはるかに高額となるのです。インターネット上からでも簡単に申し込むことができるので、旅行前には加入しておきましょう。この海外旅行保険には様々なプランが存在するため自分の用途に合ったものを選択しましょう。

ホテルの予約

こちらも航空券と同様にツアーであれば、自分で予約する必要はなく海外旅行に行くことができます。海外のホテルを予約するとなると、日本語が通じないケースもあるため中々予約することが難しいのです。たとえインターネットで海外のホテルを取ろうとしても英語表記になっているため諦めてしまう方が多くいるのです。ツアーであれば、部屋の設備などの詳細情報を確認することができるので、日本のホテルと同様に利用することができます。